ホーム > 教育体制 > 新人病棟プログラム・計画

新人病棟プログラム・計画

新人病棟プログラム・計画

病棟目標
病棟年間予定(一例)

4月 1.社会人として、自覚ある行動が取れる
2.病棟の構造がわかる
・病棟オリエンテーション
・スタッフと共に患者を受け持ち研修実技の実践を行う
5月 1.基本的看護技術の習得・実践が出来る
2.PCから患者情報が取れる
3.日勤業務に慣れる
4.職場環境に適応できる
*振り返り・評価
・スタッフと共に患者を受け持ち看護ケアを中心に行う
・指導をうけ予定入院に対応できる
・検査・処置の介助ができる

6月 1.基本的技術の習得・実践ができる
2.報告・連絡・相談ができる
3.担当患者を通して看護過程の展開ができる
4.職場環境に適応できる
・平日の日勤の業務が独り立ちできる
・休日の日勤業務ができる
・採血・点滴ができる

7月 1.重症患者の観察ができる
2.ME機器の取り扱いが出来る
3.指導のもと、急変時の対応ができる
4.担当患者を通して看護過程の展開ができる
*振り返り・評価
・指導を受け夜勤業務開始
・緊急入院に対応できる
・モニターの取り扱い・アラーム管理ができる

8月 1.看護過程の展開・実践ができる ・指導を受けて重症患者を受け持つことができる

9月 1.患者の必要としている援助を理解し実践できる ・指導を受けて終末期患者を受け持つことができる
10月 *振り返り・評価 ・受け持ち患者の計画立案・実施評価ができる
11・12月 1.患者の必要としている援助を理解し看護実践できる ・夜勤のリーダー業務を経験する

1・2・3月 1.目標の達成度を確認し2年目の課題を明確にする
2.後輩を迎える準備が出来る
・年末年始勤務ができる
・点滴業務ができる
・1年間の自己の看護の振り返りができる



ページの一番上へ