ホーム > 教育体制 > 新人集合研修

新人集合研修


クリックいただければ拡大したページ(PDF)でご覧いただけます


新人目標
集合研修
4月
1.社会人としてのマナーが身につく
2.職場環境に慣れる
3.部署スタッフと関係を築くことができる
4.副看護師長に指導を受けながら、必要な知識・技術を習得することができる
集合研修
基本的看護技術
5月
1.日勤業務を理解する
2.副看護師長または先輩に指導を受けながら、
 ・看護業務の実施ができる
 ・実施した看護記録ができる
 ・報告・連絡・相談ができる
3.夜勤業務を体験する(シャドー)
 
6月
1.日勤業務を理解し実践する
2.副看護師長または先輩に指示(指導)あるいは助言を受けながら、
 ・看護業務の拡大ができる
 ・実施した看護記録ができる
 ・報告・連絡・相談ができる
3.夜勤業務を理解する
リスク@
感染管理(基礎フォローアップ)
救急看護@
心電図
7月
1.日勤業務を理解し実践する
2.副看護師長または先輩に助言を受けながら、
 ・看護業務の拡大ができる
 ・実施した看護記録ができる
 ・報告・連絡・相談ができる
3.夜勤業務を理解し実践する
感染管理@
8月
1.副看護師長または先輩に助言を受けながら、
 ・優先順位を考えて業務を遂行できる
 ・看護業務の拡大ができる
2.情報収集をもとにアセスメントし、必要な看護を計画、実施、評価できる
3.タイムリーに報告・連絡・相談ができる
 
9月
摂食・嚥下障害看護
成功体験
リフレッシュ
重症度・医療看護必要度
記録学習会
感染管理A
10月
外来ローテーション
手術室ローテーション
11月
1.副看護師長または先輩に支持(時に助言)を受けながら、
 ・ひとりで看護業務ができる
 ・優先順位を考えて業務を遂行できる
 ・看護業務の拡大ができる
2.情報収集をもとにアセスメントし、必要な看護を計画、実施、評価できる
3.タイムリーに報告・連絡・相談ができる
12月
1月
・リスクA
・年間目標評価と課題(3月)
2月
1.副看護師長または先輩に支持(時に助言)を受けながら、
 ・ひとりで看護業務ができる
 ・優先順位を考えて業務を遂行できる
 ・看護業務の拡大ができる
2.情報収集をもとにアセスメントし、必要な看護を計画、実施、評価できる
3.タイムリーに報告・連絡・相談ができる
4.事例検討より看護を振り返ることができる
5.1年を振り返り次年度の課題が見出せる
リスク@
救急看護A
事例検討
1年の振り返り
3月
 





ページの一番上へ