ホーム > 看護局案内 > A6病棟

A6病棟


A6病棟

病棟の内容や特色、患者さまの傾向や特徴を教えてください

消化器内科と一般外科(消化器外科、呼吸器外科、乳腺を含む)の混合病棟です。
患者さんは、手術、化学療法などさまざまな目的で入院され、また終末期の患者さんもいらっしゃいます。
在院日数が短く病床利用率の高い病棟ですが、お互いに声を掛け合い、助け合いながら看護にあたっています。



病棟やスタッフの雰囲気・年齢層を教えてください

スタッフ同士の仲が良く、明るく元気な病棟です。
年齢層は20歳代、30歳代、40歳代とバランスよく構成されています。平均年齢は31歳です。
子育てをしながら頑張るママさんスタッフもいます。



新人看護師はこう育てたい

社会人としての自覚を持ち、報告、連絡、相談ができるようになってほしいと思っています。
相手に思いやる気持ちをもち、スタッフ間で協力し合えるようになってほしいです。



将来なってほしい看護師像

患者さんや家族と向き合い、共に考え、共に悩み、心のこもった看護ができるような看護師になってほしいと思っています。



教育のポイントは?

新人が孤独感を感じず、安心して働けるようなサポート体制の充実を図っています。
新人の対象となる研修に院内、院外問わず積極的に参加でき、学んだ事が実践できるように職場で支援しています。



部署独自の取り組みやPR

当病棟では、入院している患者さんの疾患及び看護の勉強会をスタッフが講師となり定期的におこなっています。
資料づくり等に対しては、医師の協力的もあり勉強会へも参加してくれています。



就職・見学を希望されている方へのメッセージ

病棟の雰囲気が良いのには自信があります。
絶えずスタッフに笑顔があります。
まずは見学にお越し下さい。お待ちしています。




ページの一番上へ