ホーム > 看護局案内 > B5病棟

B5病棟


B5病棟

病棟の内容や特色、患者さまの傾向や特徴を教えてください

眼科と内科の混合病棟です。内科では、血液疾患に対する化学療法、糖尿病や喘息・COPD等の慢性疾患への治療とセルフケアの支援を行っています。
眼科では、白内障等の手術目的の患者さんがほとんどです。
スタッフは、医師、薬剤師、理学療法士、栄養士、地域医療連携部とチームを組み、日夜患者さんの回復へ向けてお手伝いをさせて頂いております。



病棟やスタッフの雰囲気・年齢層を教えてください

スタッフの笑顔は、どの病棟にも負けない品質であると自負しております。
年齢層は、20代から間もなく孫が出来そうなお母さんナースまでバラエテイー豊かです。
そして、スタッフ同士のコミュニケーションも良好です。



新人看護師はこう育てたい

ひとりひとりの患者さんに心を込めた個別性のある看護を提供するためには、向上心ある学習や看護のプロになるという意気込みが大切!! 
当病棟では、スタッフはみんな優しく、共々に切磋琢磨している環境ですので安心して育ってほしいと思います。



将来なってほしい看護師像

患者さんを生活者として捉えて、個別性のある看護が提供できるようになってほしいと思います。そして、周囲への気遣いや調和が保てる、自律した看護師を目指してほしいですね。



教育のポイントは?

新人教育においては、プリセプターシップ制にてしっかりサポートしています。
また、病棟には糖尿病療養指導士が3名、呼吸療養士が4名いますので、専門的な学習への機会や環境が整っています。



部署独自の取り組みやPR

当病棟では、学習会に力を入れ実践に役立つように取り組んでいます。
内容として、呼吸療養士による喘息への生活指導法やCOPDへの呼吸リハビリテーション法、禁煙指導法等をスタッフ全員が患者さんに提供できるよう指導をおこなっています。 また、糖尿病療養指導士によるフットケア含む様々な生活指導法等のアドバイスも同様に行っています。
糖尿病の患者さんへは、糖尿病療養指導士がケア指導外来を活用しながら退院後の継続看護を行っています。



就職・見学を希望されている方へのメッセージ

当病棟では、呼吸および代謝性の慢性疾患を有する患者さんへの専門的な看護の学習を行っています。入院中のみならず退院後にも着目した継続看護にも力をいれており、看護師としてのスキルアップができる病棟です。
医師をはじめコメディカルのスタッフとも仲が良く、雰囲気の良い病棟です。 いつでも見学に来て下さい、お待ちしています。




ページの一番上へ