ホーム > 病院概要 > 理念・方針

病院理念

市民とともに心ある医療を



病院の方針

1. 全職員がたゆまぬ研鑽につとめ、相互協力して良質で安全な医療の提供に努めます。
2. 早期診断、早期治療に全力を注ぎ、地域医療システムと連携して継続医療を行います。
3. 救急医療、災害医療の充実に努めます。
4. 市民の健康増進に寄与し、疾病の予防に努めます。
5. インフォームドコンセントを尊重し、個人情報の保護に努めます。
6. 効果的な運営に努め、経営改善に取り組みます。



患者さまの権利

市立吹田市民病院は、患者と医療従事者がお互いの信頼関係に基づき、協働して患者中心の医療を築くための指針として、ここに「患者の権利章典」を制定します。

患者は「患者の権利」を有しますが、共に義務と責任が伴います。

1. いかなる人の人格も尊重され、公平で安全な医療を受けることができます。
2. 受ける医療については、納得できる説明・情報提供を受けることができ、医療従事者の助言・協力を得た上で、適切な医療を自らの意思で選択し受けることができます。
3. 別の医師の意見を聞くこと(セカンド・オピニオン)、又は他の医療機関に転院することができます。
4. 自己の診療や医療費に関する記録など、治療上必要な情報提供を受けることができます。
5. 診察時のプライバシー及び医療上の個人情報は保護されます。
6. 自らの健康に関する情報を医療従事者にできる限り正確に伝え、わからないことは質問するとともに、他の患者の治療や療養に支障を与えないように配慮し、病院の規則を守る責務があります。

ページの一番上へ