ホーム > 先輩看護師 > 認定看護師一覧

専門看護師一覧

平松瑞子 ≪地域看護専門看護師≫
地域看護専門看護師は、地域の様々な領域において、質の高いケアを実践するとともに、地域の保健福祉の発展に寄与する役割を担う看護師です。病院では医療相談室に所属し、入院患者様の退院支援・調整・相談を担当しています。退院後の療養の場に関する意志決定支援、関係職種と協働して行う在宅療養に向けた支援、在宅医療・介護・福祉サービスとの橋渡し、施設・医療機関の転所・転院調整などを行っています。
森重圭子 ≪母性専門看護師≫
当院は入院助産制度適応の総合病院です。様々なリスクをもった妊産婦に対して水準の高い看護ケアを効率よく提供するために、最新のケア技術とキュアの知識を用いて、健康の保持増進を目標に、ケア計画の立案、実施、評価を自律して行っています。他にも妊娠糖尿病妊産婦へのケアシステム改善に向けたコーディネーターの役割を担い、社会的リスクを有する妊産婦に対しては妊娠期から地域と連携し、継続したケアに努めています。。


認定看護師一覧

中筋知美 ≪認定看護管理者≫
私は医療安全管理者として、安全で安心な医療の提供のため日々活動しています。医療の高度化・多様化における、インシデント・アクシデント事例の再発予防のため、病院組織全体として医療安全に取り組む必要があります。そのためにも、認定看護管理者として管理能力を発揮する必要性を実感しています。 「市民とともに心ある医療を」の理念の元、透明性のある安全な医療を提供するために、力を尽くしたいと思います。
中田淑子 ≪感染管理認定看護師≫
感染動向のチェック、環境・組織の整備、指導教育、指標の整備、職業感染防止など活動内容は多岐にわたりますが、患者さまはじめ病院に訪れる方々や病院で働く全ての職員を感染から守るという思いを胸に感染症に向き合っています。感染症が市中でも問題となってきている時代に「全職員が同じ理解のもと感染対策に取り組み、院内での感染拡大を防止する」そんな理想の組織を目指し、今後も感染対策を推進していきたいと思います
松本伸子 ≪緩和ケア認定看護師≫
看護師7年目の時、がん患者さんの緩和ケアにとても興味を持った私に、病棟看護師長が緩和ケア認定看護師教育課程の受講を勧めてくれました。  緩和ケア認定看護師となって5年が過ぎました。院内の看護師に少しでも緩和ケアの面白さ、大切さを伝えたいと思い頑張っています。  やる気があれば好きな分野を深めることを支援してくれる職場です。
浅田知子 ≪皮膚・排泄ケア認定看護師≫
皮膚や創傷のケア、排泄障害に対するケアを専門分野とする認定看護師です。 入職時、外科病棟に配属されストーマを保有されている患者さんと関わる中で、ストーマケアの知識や技術を深め、安心できるケアが提供できるようにと思い認定看護師を目指しました。 現在は、現場での実践や院内教育指導、相談の役割を受けもち、またストーマ外来やフットケア外来なども担当し患者さんに質の高い看護が提供できるように活動しています。
大塚淑子 ≪がん化学療法認定看護師≫
入院・外来の患者さんとご家族が安心してがん化学療法を受けることができるように、医師や薬剤師など他職種と協働しながら、身体・心理・社会面でのサポートを行っています。化学療法薬の取り扱いや副作用の出現に対し、根拠に基づいたケアを実践しています。また、がん化学療法に携わるスタッフの相談や教育を行うなど、病院全体の看護の質の向上を図るために、がん化学療法看護の分野に取り組んでいます。
福田祥世 ≪摂食・嚥下障害看護認定看護師≫
加齢や発達上の問題、疾病、治療といった影響により、食べる・飲みこむ機能が低下 することを摂食・嚥下障害といいます。摂食・嚥下障害は、誤嚥性肺炎、窒息、低栄 養、脱水といった生命に関わる問題にもつながります。「口から食べる」ことは、栄 養を補うだけではなく「食べる楽しみ」や「満足感を得る」といった生活の質に関わ ることとしても重要です。患者さんの「口から食べたい」という思いを支え、実現す るために、医師、薬剤師、言語聴覚士、管理栄養士などの他職種者とも連携を取りな がら、ケアを提供していきます。
工藤智恵子 ≪救急看護認定看護師≫
私は現在、集中治療室に勤務しており、院内の急変対応や生命に危機的状況にある患者さまやご家族への看護実践を行っています。早期に危機的状況を脱し、回復に向かえるよう支援したいと考えております。そして自部署のみにとどまらず、他部署の看護師や他職種と協力しながら活動したいと考えています。 また、当院は公的機関として、災害時には入院患者の安全を確保し、市民の方々が安心して受診ができるよう災害看護にも取り組んでいます。
入江優子 ≪糖尿病看護認定看護師≫
糖尿病看護認定看護師として、糖尿病指導外来や透析予防外来をさせて頂いています。各外来で糖尿病について、薬・検査・合併症の説明など行い、自宅で具体的な自己管理を 行えるように個別支援を行っています。フットケア外来では足病変の予防と早期発見を行い、透析予防外来では透析を遅らせる知識の提供を行っています。今後は、病棟・外来・地域の連携をとり、患者様・糖尿病を持つご家族の支援に向けて包括的な活動を行ってきたいと思っています。
彌榮香子 ≪認知症看護認定看護師≫
2025年には、認知症高齢者が700万人を超えて65歳以上の約5人に1人に達すると言われ、今や認知症は誰もがかかわる可能性のある身近な病気です。そのため、認知症を正しく理解することが大切です。入院時から認知症高齢者の身体機能・認知機能を低下させないようにケアしていくことが、「認知症の人の意思が尊重され、出来る限り住み慣れた地域のよい環境で自分らしく暮らし続けることができる社会の実現」につながると考えます。患者さまとそのご家族が安心して入院生活を送ることができ、そして住み慣れた地域で生活していただけるように、多職種と連携・協働しながら支援していきたいと思います。
光田真理子 ≪感染管理認定看護師≫
感染管理認定看護師は、医療を提供する場で働く人々および患者さまとご家族に対して、専門的知識と技術に基づいて、感染対策を実施いたします。患者様にとって質の高い、安心・安全な医療を提供するために、他職種と連携・協働しリソースナースとして活用してもらえる認定看護師をめざし日々努めております。

ページの一番上へ