ホーム > 先輩看護師 > プリセプターメッセージ

プリセプティメッセージ

今井看護師 (配属:B4病棟)
≪就職して一番うれしかったこと≫
患者さんにありがとうと言ってもらえたこと。

≪どんなナースになりたい?≫
思いやりのある看護師

≪皆さんへのメッセージ≫
今年4月に入職、病棟配置になり、初めは、分からないことばかりで緊張感が強かったです。病棟は、一日の手術の件数が多く、業務が多忙な中で、先輩方は患者さんの思いに応えた看護を行い、先輩方同士もそれぞれに思いやりを持って協力し合いながら看護を提供している姿を見て、私も先輩のようになりたいと思いました。勉強面で追いつかなくなり、苦しくなる時もありました。しかし、私の立場に立って易しくアドバイスして下さるプリセプターさんに助けられ、一生懸命頑張っています。これからも患者さんの思いに添った看護を行い、看護師間でも思いやりを持った関わりが持てる看護師になりたいです。
佐藤看護師 (配属:A3病棟)
≪就職して一番うれしかったこと≫
患者さんに  名前を覚えて頂いたこと

≪どんなナースになりたい?≫
患者さんから「あなたなら安心する」と言って頂ける看護師になりたい。

≪皆さんへのメッセージ≫
平成29年4月からA3病棟に勤務することになりました。入職当初は、右も左も分からず不安と緊張でいっぱいでした。新人として覚えることは山ほどありますが、分からないことや困ったことは、すぐにプリセプター・サポートナースなどの先輩達が丁寧に指導して頂いています。日々、大人から子どもまでの患者さんが元気になって退院される姿を見てやりがいを感じます。1日でも早く先輩看護師のように患者さんのことを第一に考えた看護を提供できるよう日々努力していきたいです。
土井看護師 (配属:B6病棟)
≪就職して一番うれしかったこと≫
患者さんに「ありがとう」と言われたこと。

≪どんなナースになりたい?≫
様々な視点から看護を考えられる看護師になりたいです。

≪皆さんへのメッセージ≫
緊張しながら入職し早くも3ヶ月。覚えることがまだまだ沢山ありますが、先輩方が一つ一つ丁寧に分かりやすく指導して下さり、日々できることが増えてきました。多忙な業務の中、患者さんに思いやりのある看護を提供している先輩方の姿を見て学ぶことも多く、私も早く先輩方のようになりたいと思っています。私達プリセプティのために準備や声をかけてくださり、働きやすい環境を作ってくれているプリセプターに助けられ、日々頑張ることができています。これからは、先輩方から学んだことを活かし、様々な視点から看護を考えられる看護師になりたいです。


プリセプターメッセージ

中山看護師 (配属:A3病棟)
≪好きな言葉≫
日々是気付

≪どんなナースになりたい?≫
患者さんに寄り添うことのできる看護師になりたいです。

≪皆さんへのメッセージ≫
今年度はじめてプリセプターとしてプリセプティーの指導を行なっています。はじめは、指導の難しさを感じ自分でいいのか不安もありましたが、プリセプティーの頑張っている姿に日々成長を感じ、自分自身も学びながら頑張ろうと思うことができました。患者さんの気持ちに少しでも寄り添うことのできる看護師を目指してプリセプティーと共に成長していきたいと思います。
久保看護師 (配属:B6病棟)
≪好きな言葉≫
為せば成る
為さねば成らぬ何事も

≪どんなナースになりたい?≫

患者さんの心に寄り添える看護師

≪皆さんへのメッセージ≫
入職して4年がたち、気が付けばプリセプターとして新人指導をする立場になっていました。はじめは、十分な指導を行なえるのかと不安でしたが、プリセプティーの日々成長していく姿を見ると嬉しく思います。プリセプティーには、患者さんや先輩との関わりの中で、看護や看護の楽しさについて学んでほしいと思っています。同期2人(プリセプター)で悩み、模索しながら、これからも新人の成長を支えていきたいと思います。
藤原看護師 (配属:B4病棟)
≪好きな言葉≫
とりあえず頑張ってみる!!

≪どんなナースになりたい?≫
よい意味で患者さんや家族さんの記憶に残るような看護師

≪皆さんへのメッセージ≫
B4病棟は、整形・泌尿器科病棟です。手術件数も多く、化学療法を受ける方やターミナル期にある方など様々な患者さんに対応しています。新人の時は、業務だけで精一杯でしたが、今では患者さま・家族の方のためのより良い看護の提供についてまでを考えることができるようになりました。これも今まで育てて頂いた先輩方のご指導のお陰です。温かい先輩方の様に、今度は私達の世代が新人看護師の成長に関わっていけたらと思います。

ページの一番上へ